会社を退職する時のマナーについて

 ●メニュー

IT系の仕事

視能訓練士

新聞配達

トラック運転手

ネットショップ

報道、放送

カメラマン

ライター

作家、物書き

デザイナー

ファッション

芸能人

プロスポーツ選手

競馬

送迎ドライバー

行政書士

OB、OG訪問

正社員雇用

フリーランス

美容師と理容師

スーツ

トップ

 

まずするべきこと

上司へ退職したい旨を伝えます。
この時伝える相手は普段仕事の指示を受けている直属の上司に
してください。

会社では部下が退職するというのは上司にとってマイナス評価を
受ける可能性が高いため、直接人事部などに退職の旨を伝えられると
上司としてはいい所がありません。

また退職は願い出てから最低でも半月、一般的には1〜2ヶ月の
引き継ぎ期間があるものなので、それを踏まえて願い出る
時期を考えましょう。
また、退職理由を話す時は円満退社のため、会社や上司の
不平不満は言わないようにしましょう。


退職願を書く

役所の書類のような堅苦しい決まりはないので必要なことだけ
記載して上司に渡しましょう。
退職の旨を伝える前に退職願を出してもいいのですが、
なるべく後のほうが上司としては対応しやすいと思います。


社員へ挨拶

円満退社が目的なら必ずしておかなければいけないことが仕事で
お世話になった社員への挨拶です。

会社規模が大きいなら全員に挨拶する必要はありませんが、
仕事で関わった人くらいには一声かけましょう。
直接が無理ならメールでもいいでしょう。
人数が多いなら内容を考え一斉送信するといいでしょう。

 
 スポンサード リンク