プロスポーツ選手の仕事、種類

 ●メニュー

IT系の仕事

視能訓練士

新聞配達

トラック運転手

ネットショップ

テレビ局、放送

カメラマン

ライター

物書き

デザイナー

ファッション

芸能人

競馬

送迎ドライバー

行政書士

OB、OG訪問

トップ

 

レーサー

主にF1のような自動車レースに参加する職業です。
チームとしての契約金の他にレースでの賞金が収入と
なります。

アクシデントにより大けがをする場合もあるので楽な
仕事ではありません。

プロ野球選手

全135試合のペナントレースに参加し、試合のない日も
常に練習や合宿を行います。

収入は年俸制で非常に収入の高い職業ですが、年齢的に
いつまでも続けられる仕事ではないので引退後をどうする
かという課題もあります。

プロサッカー選手

16歳以上からとれるプロサッカー選手の資格を取得し、
Jリーグなどのチームに参加して公式試合に出る事ができます。

他のスポーツと比べ試合時間が長いため非常に体力を使う
職業です。
また、野球選手と比べると収入は落ちる傾向があります。
野球選手が平均年俸3000万円ほどなのに対して、
サッカーは平均年俸800万円ほどでになっています。

格闘技選手

ボクシングやプロレス、K-1などが日本では有名です。
また柔道や空手などでオリンピックを目指す人もいます。

収入は試合に出る事でファイトマネーをもらいますが、
頻繁に出場するものではないのでそれだけで生活して
いこうと思うと世界チャンピオンレベルでないと難しい
のが現状です。

 
 スポンサード リンク