視能訓練士とは、業務、仕事内容

 ●メニュー

IT系の仕事

新聞配達

トラック運転手

ネット

報道、放送

カメラマン

ライター

物書き

デザイナー

ファッション

芸能人

プロスポーツ選手

競馬

送迎ドライバー

行政書士

OB、OG訪問

正社員雇用

フリーランス

美容師と理容師

スーツ

退職のマナー

トップ

 

まずは資格を取得

視能訓練士になるにはまず国家資格に合格しなければいけません。
試験を受けるためには専門の学校へ最短2年通う事になります。
学校によって2年制、3年制のところがあります。

試験は筆記のみですが、一度不合格だと来年まで受けられません。
合格発表の日は就職先に勤務する後だったりするので不合格だと
ちょっと厳しいですね。
それで就職を取り消しにされることはないとは思いますが、
体裁が悪くなるので絶対合格しましょう。
実際、視能訓練士の国家試験はかなり合格率が高いので、
そういう意味でも不合格は恥ずかしいかもしれません。

また、専門学校では眼科医療にかかわる様々な知識の勉強や
教育実習として実際の眼科での仕事も学べるため、就職して
からもすぐに即戦力を求められると考えましょう。

検査業務

一般のバイトやOMAと呼ばれる人たちがする検査も視能訓練士の仕事です。
具体的には視力検査、眼圧検査、メガネ、コンタクト合わせなどです。

厳密には視能訓練士にしかできない検査は存在しないのですが、
あまり一般の検査員がやらない仕事としてはゴールドマン視野計、
斜視角測定、眼底写真撮影、などがあります。
その他にも病院によってより高度な検査を任される場合もあります。

訓練業務

訓練というと主なものとしては子供の弱視、斜視、斜位、融像訓練と
低視力者への補助器具の解説、使い方説明などになります。

弱視、斜視、斜位、融像訓練は病院に専用器具があれば利用
しますが、そうでない場合は主に家庭での遮蔽訓練の説明を子供と親に説明します。

低視力者への補助器具は近年種類も増えていますが専門の学校へ
通っている内にある程度の説明をうけると思います。

 
 スポンサード リンク