ネットショップ運営の方法、大変さ

 ●メニュー

IT系の仕事

視能訓練士

新聞配達

トラック

報道、放送

カメラ

ライター関連

物書き

デザイナー

ファッション

芸能人

プロスポーツ選手

競馬

送迎ドライバー

行政書士

OB、OG訪問

正社員雇用

フリーランス

美容師と理容師

スーツ

退職のマナー

トップ

 

自分で経営

取引、注文の受付はネットでするとはいえ、商品を迅速にお客様に
届けるには在庫をたくさん保持しておく必要があります。

また自分でホームページ、システムをつくれない場合は外注か
レンタルになるためそれらの初期費用と合わせてかなりのお金が
必要になってきます。

しかし価格は自分ですべて決められるしうまく利益率の高い商品が
売れればかなり儲けられるでしょう。
しかし仕入ルートなど考えないといけない事はたくさんあります。

また、日本ではネットショップの大手「amazon」と「楽天」が
かなりのシェアを占めてしまっている上、あらゆる商品を取り扱って
いるため、それだけで参入障壁が高い、という問題もあり、どうやって
知名度を上げていくか、という難しさもあります。

ドロップシッピング

簡単にいうとネットショップをレンタルして運営、宣伝のみ行う事で
商品が売れればいくらかの報酬がもらえます。

在庫を抱えなくていい分初期費用は必要になるためそれを回収する
にはそれなりに売らなくてはいけないでしょう。

報酬はネットショップの利益から配当としてもらうので自分で
すべて運営する場合と比べて利益率は下がります。
ただホームページを作る手間や始めるまでのハードルはグンと
下がります。

アフィリエイト

ネット広告の事で自分でもしホームページやブログなど開設して
いればそれらのページにバナーやテキスト広告を貼って
訪問者がそれらをクリックして商品購入にいたれば報酬が
もらえるというものです。

費用はいっさいかからないのでリスクは時間以外ないといって
いいでしょう。
ただしネットショップやドロップシッピングと比べて利益率が格段に
低い上、ホームページやブログに人を誘導できなければ意味がない
ため人気サイトを作れる人でないとなかなか儲ける事は難しい
でしょう。

 
 スポンサード リンク