IT系の職種と仕事内容

 ●メニュー

視能訓練士

新聞配達

トラック運転手

ネットショップ

テレビ局

カメラマン

ライター

作家、物書き

デザイナー

ファッション

芸能人

プロスポーツ選手

競馬

送迎ドライバー

行政書士

OB、OG訪問

正社員雇用

フリーランス

美容師と理容師

スーツ

退職のマナー

トップ

 

プログラマー

主にはソフトウェア、システムを開発する業務を行います。

ソフトウェア、システムにはいろいろ種類があってWEBシステム、
業務システム、パッケージソフトウェアなどこれらを実際に作って
いるのはプログラマーです。

プログラマーになるための資格は特になく、年齢が若ければ
未経験でも採用するという会社も多くあります。
年齢が若くないと採用されにくいのは経験を積むとシステムエンジニア
などより難易度の高い業務をしてほしいと思う会社が多いためと思われます。


システムエンジニア

ソフトウェア、システムを作るのはプログラマーですが、それを
設計する仕事を主とするのがシステムエンジニアです。
そのため仕事はプログラマーと連携し指示を出す立場にある事が多いです。

プログラマーと違い未経験でいきなり採用というのは少なく
システム開発の経験をえて設計の仕事をやってもらうようになる、
というパターンが多いと思います。


ネットワークエンジニア

ネットワーク構築を主な業務としますが、データベース管理や
サーバ管理なども行う人が多いようです。
業界未経験ではなかなか採用されないため別の職種で経験を
積むか若い内ならネットワーク関連の資格を取得することで
採用されやすくなるでしょう。


WEBデザイナー

ホームページなどのWEBサイトを作成するWEBプログラマー
と協力して、主にデザイン部分を作成する仕事です。


その他

営業、ヘルプデスク、開発にはかかわらず人員やサーバ管理
のみ行う人もいます。営業は会社によって専門の人は雇わず
システムエンジニアに営業をさせる、というところもあります。

 
 スポンサード リンク